読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4074

無加塩で作ったごはんのきろくです。

2017年4月24日(月)夕食

f:id:srsrsr:20170425004437j:plain

  • 筍とアスパラのワイン炒め
    • 材料:タケノコ、アスパラガス
    • 調味:オリーブオイル、鷹の爪、黒胡椒
  • とろろ鋤昆布
    • 材料:鋤昆布、長芋
    • 調味:昆布とかつおのだし
  • 茄子とじゃがいものお酢炒め
    • 材料:茄子、じゃがいも、スナップエンドウ、きぬさや、エリンギ
    • 調味:昆布とかつおのだし、日本酒、きんとき豆の酢
  • 筍ごはん
    • 材料:タケノコ
    • 調味:昆布とかつおのだし、白米

f:id:srsrsr:20170425004459j:plain:w400 f:id:srsrsr:20170425004414j:plain:w400

週末に実家帰った際タケノコを頂いたのだった。水煮にしてくれていたので、まずは手軽に筍ごはんと炒めものに。だしでたいたやつも好きだけど、油とタケノコってのも好きである。菜の花とかあれば良かったのだが、無かったのでアスパラガス。似てる。オリーブオイル、鷹の爪、白ワイン少量で洋風のお惣菜に。筍ごはんは、個人的には昆布だしのイメージなんだけど、無加塩だと物足りないかなあと思ってちょっと久しぶりにかつお節削ってしっかり取っただしで炊いてみた。思ってたよりしっかりかつおの風味残ってウマカッタです。
最近茄子が好きで買うと取りあえず炒めものにしてしまう。今思うとごま油とかで炒めて鷹の爪たっぷり入れてだしでたいても美味しいよね。そのまま冷ましてピリ辛の冷菜にしても美味しいよね。1袋2~3本しか入ってないからそこまで至らず消費しきってしまいます。今日はきんとき豆の酢が終わりかけていたので、酸っぱくなってしまった日本酒とともにサッパリめの炒めものにして使い切りました。あれ確か軽井沢の久世福商店で買ったのだが、大阪でもどこか買えるところあるかなあ。いろいろお酢買って使ってみたけど、きんとき豆の酢は香りが独特で炒めものやスープにも使い勝手が良く、リピートしたい数少ない酢の中に入っています。