4074

無加塩で作ったごはんのきろくです。

2017年9月13日(水)夕ごはん

f:id:srsrsr:20170913230016j:plain

  • きゅうりと茗荷の胡麻サラダ
    • 材料:キュウリ、ミョウガ、乾燥糸こんにゃく
    • 調味:胡麻油、白胡麻
  • キャベツとセロリのお酢煮込み
    • 材料:キャベツ、セロリ(葉)、セロリのピクルス(セロリ、ワインビネガー、白ワイン、黒粒胡椒、鷹の爪、ベジブロス)、玉ねぎ、福耳唐辛子、打ち豆
    • 調味:ベジブロス、ピクルス液(材料は上記)、パプリカパウダー
  • 野菜の白ワイン蒸し
  • ピリ辛トマトソース
    • 材料:プチトマト、にんにく、福耳唐辛子
    • 調味:ベジブロス
  • 夏野菜のサラダ
    • 材料:キュウリ、アスパラガス、ささげ(モロッコいんげん)、プチトマト
    • 調味:ワインビネガー
  • 3分づきごはん


旦那さんが台所に様子見に来られたので、胡麻擦ってもらえますか、とお願いしたところ、めちゃくちゃ丁寧に擦って下さったのだった。普段わたしは結構粗挽きというか、ツンと胡麻の香りがしてきた辺りで終了してるのだが、ここまでよく擦ると最早別物になるということが解りました。そうかこれが練り胡麻という状態か…。まったりとしてどことなく甘く、なんだろう、わたしが思っていたものとはまた違ったのだが、ウマイ。ピーナッツバター系統の気持ちで使ってみたい。

ピクルス作るときはそのピクルス液でキャベツを煮るのもセットで楽しみです。浸かりすぎたピクルスも消費できるし!今回はすっぱ辛いのを目指して福耳唐辛子1本入れたった。福耳は大阪では売ってないので長野県で苗買ってきて旦那さんが育成しています。できはじめた当初はあまり辛みがなく、えー福耳って大阪に来たら日和るのかァなどと失礼なことを思っていたところ、晩夏になるにつれ本気を出してきて、最近はしっかりカライ。今日のは特段強烈で、まな板で切ったものを手で集めて鍋に入れたところ、その後数時間にわたって手のひらがとても痛かった。出来上がったお料理も、想定してたより辛かった。鍋にいっぱい作ってしまったのでどうしようかと思っています。打ち豆は福井で買ったのだったかな。大豆を平たく打ち伸ばした乾物で、普通に大豆を戻すより短時間で調理できます。ただ、レンズ豆を使う感覚でそのまま鍋に放り込んだりすると、大豆くささが鼻につき、ウーン…てなるので、今日は割としっかりめに下茹で。大豆ミートみたいな肉っぽさというか、満足感のある食味です。今回は辛い料理に使ったので大豆の甘さに心和まされました。

夏の焼き野菜はなんだかエネルギッシュで好きです。シャドークイーンの紫色がきれいでほんと好き!洗うときも、濡れた皮がつやつやと美しくて見とれるし、まるごと蒸したのに包丁入れると現れるビロードみたいな肌理の断面にも毎回感動する。だいたいいつも蒸すので、焼いたのは初めてかな。大白は男爵いもの一種らしく、調べたら長野県系のページが主に引っかかるので、長野でよく作られてる品種なのかな。名の通り色は白めで、じゃがいもっぽい香りはそんなに強くなくあっさりと食べやすい。食感は固めでわたし好みでありました。横につけたトマトソースは、プチトマトの割れてるやつを取りあえず早く何とかしなきゃと作ったのですが、にんにくと福耳効いててウマイ。

f:id:srsrsr:20170913230051j:plain:w400 f:id:srsrsr:20170913230219j:plain:w400

2017年9月13日(水)おべんとう

f:id:srsrsr:20170913225636j:plain

  • アスパラガスの粗挽ききな粉和え
    • 材料:アスパラガス
    • 調味:粗挽ききな粉
  • ピーマンと茄子のピリ辛トマトソース
    • 材料:ピーマン、茄子、えのき茸
    • 調味:昆布とかつおのだし、トマトソース(プチトマト、にんにく、福耳唐辛子)
  • ささげとトマトのサラダ
    • 材料:ささげ(モロッコいんげん)、プチトマト

サラダ、と言いつつ酢すら掛けてないという。ささげってサラダも美味しいんだけど個人的には茹でたそのままが一番すき。

2017年9月13日(水)朝ごはん

f:id:srsrsr:20170913225042j:plain

  • そうめん南瓜とパセリのお汁
    • 材料:そうめんかぼちゃ(金糸瓜)、茄子、パセリ、キャベツ、えのき茸
    • 調味:昆布とかつおのだし
  • 3分づきごはん

パセリの緑色とそうめんかぼちゃの黄色と赤いお椀ってめっちゃ綺麗じゃない?と完全に見た目から入って作った朝ごはんのお汁。多めのだし汁の表面をパセリが覆い、その奥からそうめんかぼちゃがゆらめく、みたいなイメージだったのだが、結局冷蔵庫で半端に残っている茄子やキャベツも入れたため、ごじゃっとした仕上がりになりました。でも美味しかった。パセリの香りって和だしにも合うのね。

2017年9月11日(月)夕ごはん

f:id:srsrsr:20170913235034j:plain

  • じゃがいもとパセリのスープ
    • 材料:じゃがいも、キャベツ、パセリ
    • 調味:ベジブロス
  • 5種の野菜サラダ
    • 材料:そうめんかぼちゃ(金糸瓜)、キュウリ、プチトマト、アスパラガス、セロリ
    • 調味:亜麻仁油、ワインビネガー、トマトのピリ辛ソース(プチトマト、にんにく、福耳唐辛子)、かつお
  • 山の芋のとろろ
  • 7分付きごはん

パセリを買ったのが嬉しくてスープにしました。嬉しさ余ってガチで味付け無しにしてしまい、確かにパセリ感はとてもあったが、いやなんかもうちょっと手を加えるべきではないか…?という気分になりました。
野菜サラダは、そうめん南瓜は亜麻仁油で和え、セロリはワインビネガーで小一時間漬け、アスパラは茹でたのちトマトソースを。キュウリとプチトマトはあるがままの姿です。週末外食ののちの月曜は、キュウリそのまま食べるのが何か一番染みる。ウマイ。

f:id:srsrsr:20170913235108j:plain:w400 f:id:srsrsr:20170913235244j:plain:w400

2017年9月11日(月)おべんとう

f:id:srsrsr:20170913234703j:plain

  • ピーマンとエノキのトマト炒め
    • 材料:ピーマン、えのき茸、プチトマト
    • 調味:ベジブロス、黒胡椒
  • アスパラのピーナッツバター和え
    • 材料:アスパラガス、ピーナッツバター、ベジブロス
  • じゃがいもとセロリの胡麻炒め
    • 材料:じゃがいも、セロリ(葉)
    • 調味:昆布とかつおのだし、黒ごま

2017年9月11日(月)朝ごはん

f:id:srsrsr:20170913234505j:plain

  • 茗荷とオクラのお汁
  • 7分付きごはん

2017年9月5日(火)おべんとう

f:id:srsrsr:20170905202847j:plain

  • ずいきと白菜の生姜和え
    • 材料:ずいき、白菜
    • 調味:昆布とかつおのだし、生姜、糸かつお
  • きゅうりと割り干し大根の酢のもの
    • 材料:キュウリ、割り干し大根
    • 調味:昆布とかつおのだし、千鳥酢
  • ピーマン類の赤ソース炒め
    • 材料:ピーマン、伏見唐辛子(赤)、福耳唐辛子
    • 調味:白ワイン、赤ソース

朝ごはんでわたしと旦那さんの喉に癒やしがたいイガイガを残したずいき。あれは皮が向けてなかった内側の部分が主だったから、外側のちゃんと皮剥いてたやつなら大丈夫なはず…と楽観論で弁当おかずにしたのだがわたしとしてはこっちもダメだった。イガイガが塗り足され、ほんと一日中イガイガ痛かった。ずいき怖い。好きだけど怖い。
割り干し大根は独身時代大好きでよく使ってた食材。細切りや輪切りや色々な切り方の干し大根がありますが、割り干しが一番好きだ。コリコリしてかたくてウマイ。煮て柔らかくすると折角かたいのが勿体ないので、こんな風に酢のものにするか、お汁などでサッと火を入れるかくらいが好きです。久しぶりに理想的な割り干し大根に出会えて嬉しい。ありそうでないんだよこの太さの干し大根!