4074

無加塩で作ったごはんのきろくです。

2017年11月13日(月)夕ごはん

f:id:srsrsr:20171117150057j:plain

  • 白菜と干ししめじの玄米雑炊
    • 材料:白菜、干しシメジ、昆布、わかめ、黄金もち
    • 調味:昆布とかつおのだし、すだち
  • 焼き蓮根と焼き万願寺
    • 材料:レンコン、万願寺唐辛子
  • ごぼうのだし煮
    • 材料:ゴボウ
    • 調味:昆布とかつおのだし、鷹の爪、日本酒
  • かぼちゃと茄子のバジルソース
    • 材料:カボチャ、茄子
    • 調味:バジルソース(バジル、にんにく、鷹の爪、オリーブオイル)
  • 蒸かし芋
    • 材料:さつまいも、黄金千貫

f:id:srsrsr:20171117150218j:plainf:id:srsrsr:20171117150352j:plain
冷えてつらみが増した玄米は雑炊にしてみました。干しシメジは煮るとプリプリしてイケる。これ買ったところ以外で売ってるの見かけないですが。どこで買ったか忘れましたが!黄金もちは週末阪急百貨店の地下で、新米の黄金もちとして売っていたので衝動買い。ウマイ。熟れたすだちはいただきもの。酸味がまろやかで香りが良いです。最初、あまりに橙色なので、すだちって聞いたけど蜜柑じゃない…?と疑いを持って割ってみたらすだちだった。雑炊を半分ほど食べ進んだところで絞ると味が変わって良い。別皿のレンコンに掛けても美味。
この夕ごはんでは、それまで使ってた切り昆布がなくなったので、でかい利尻昆布を開封しました。せっかく美味しそうな昆布開けたし、と思って、普段テキトーにやってるダシ取りの分量をキチンと測ってやってみた。だしの取り方は諸説あるが、とりあえず愛読してる白ごはん.comが書いてる、水の分量に対し10%の昆布・かつお、という割合で。昆布はまぁ大体こんなもんか、という感じだったけど、鰹は、ウワこんな入れんの!とビビッタ。普段の1.5倍~2倍くらいかな。ただ昆布だし取った時点で今朝のダシより美味しかったし、合わせにしたあとのだしなんて無加塩料理者としてはエッこれ良いんですかと後ろめたくなるほどの濃さ。多分かつお節の塩分が普段より入ってはいるが一応これでも無加塩である。思わず勿体なくて普段取らない2番だしも取りました。昆布だしも、前より良い昆布なのがもちろん一番の要因だけど、じっくり加熱・沸騰させない・あくを取る、みたいな基本事項を丁寧にしたのもおいしさの要因かもしれぬ。プラセボ的な部分もあるだろうが、一般人の味覚なんて印象が大きいし、丁寧に仕事をしたという満足感はそのまま味わいの満足感に繋がる気がしますね。そう思うとやっぱり料理は楽しんでやりたい。これまた印象だけど、だしがウマイ昆布はだしがらもウマイ。だしがら昆布を料理に使う気にあんまりならない昆布はわたしの中で消化試合です。

2017年11月13日(月)おべんとう

f:id:srsrsr:20171117145638j:plain

  • 焼きかぼちゃのバルサミコ酢和え
  • プチトマトの酢玉マリネ
  • 白菜のゆずびたし
    • 材料:白菜、昆布
    • 調味:昆布とかつおのだし、柚子

かぼちゃのバルサミコ和えは先日もしたが、今度は前夜に和えといたら翌日味が馴染んでより美味しいのでは…?(兼朝の弁当作りが短縮できるのでは…?)と思ってフライパンで焼いて和えて作り置き。味染みて美味しかったです。
玄米モードにし忘れた玄米は、冷えて更に難易度が上がった。

2017年11月13日(月)朝ごはん

f:id:srsrsr:20171117145404j:plain

  • 白菜と玉ねぎのお汁
    • 材料:白菜、玉ねぎ、茄子
    • 調味:昆布とかつおのだし
  • 玄米ごはん

玄米を炊くのに玄米モードにし忘れるというアクシデントにより玄米モードが偉大であるということがとてもよく解ったので有意義なミスだったと言えよう。とても、かたい。

2017年11月10日(金)夕ごはん / 初おやき

f:id:srsrsr:20171114003510j:plain

  • ひじきとかぼちゃのおやき
    • 材料:ひじきとじゃがいもの炒めもの(ひじき、玉ねぎ、じゃがいも、福耳唐辛子、深煎り七味)、ずいきとしめじの炒め煮(干しずいき、干ししめじ、鷹の爪、胡麻油)、かぼちゃサラダ(かぼちゃ、カシューナッツペースト)、小麦粉(中力粉)
  • 焼きかぼちゃとじゃがいも
  • かぼちゃサラダ
  • キャベツの酢玉和え
    • 材料:キャベツ、酢玉ねぎ(玉ねぎ、千鳥酢、福耳唐辛子)
  • 割り干し大根と菊菜のだし煮
    • 材料:割り干し大根、菊菜
    • 調味:割り干し大根の戻し汁、昆布とかつおのだし

おべんとうに入れたひじきとずいきが半端に残っていたので、合体して炒めなおして人生初おやき作りをしてみました。ついでにかぼちゃサラダも。長野に行ったら必ずおやき探して買うくらいにはおやき大好きなんだけど、割とわたしの好みにぴったり合致するおやきって少なくて、美味しいんだけどどこか帯に短したすきに長しだなァと思うことも多く、いつか自分の好みドンピシャのおやきを自作したいと思い続けてきたのだった。まずあれ、ふっくら系生地よりもっちり系生地が好きだし、できれば生地は厚めが良い。油で焼いてテラテラしたやつよりアッサリ系がいい。蒸してるだけのやつより焼き目ついてる方が良い。探したらいろいろレシピはあるのだけど、とりあえずベーキングパウダーは入ってないやつで簡単そうなやつを参考に作りました。いつかおやき作ろうと買っておいた岩手県産中力粉が役立ったぜ!今回は中力粉2カップ+水150ccくらい。ちょっと生地がゆるめで小麦粉足したので、今度するときは100ccくらいで様子を見たい。フライパンで焼いてから蒸し器で蒸し上げました。包むのがイマイチ上手くできず、底面の生地がやたら分厚いという事態になったけど、見た目は完全におやきだし、テンションめっちゃ上がった。これちょう楽しいわ。今後改良しながらベスト無加塩おやきを探っていきたい。

f:id:srsrsr:20171114003743j:plainf:id:srsrsr:20171114003624j:plain

2017年11月10日(金)おべんとう

f:id:srsrsr:20171114003032j:plain

  • ひじきとじゃがいもの炒めもの
    • 材料:ひじき、玉ねぎ、じゃがいも、福耳唐辛子
    • 調味:昆布とかつおのだし、深煎り七味
  • かぼちゃサラダ
    • 材料:かぼちゃ、酢玉ねぎ(玉ねぎ、千鳥酢、福耳唐辛子)、パセリ
    • 調味:カシューナッツペースト、昆布とかつおのだし
  • 干しずいきと干しシメジの炒め煮
    • 材料:干しずいき、干しシメジ
    • 調味:昆布とかつおのだし、鷹の爪、胡麻油

前夜、かぼちゃ(大)を1/4蒸して、一部を夕ごはんのかぼちゃ団子に、残りを潰してカシューナッツペーストと和えかぼちゃサラダベースに。そのベースに朝、酢玉ねぎを混ぜ込みおべんとうのおかずにしました。甘くてねっとりしたかぼちゃに、酢玉ねぎのやわらかい酸味が良く合う。パセリも良い香りで、これはめちゃウマだった。お昼休みひとり自席で感動した。

2017年11月10日(金)朝ごはん

f:id:srsrsr:20171114002653j:plain

  • さつまいもと菊菜のお汁
    • 材料:玉ねぎ、サツマイモ、菊菜
    • 調味:昆布とかつおのだし、ベジブロス
  • 古代米入りごはん

2017年11月7日(火)おべんとう

f:id:srsrsr:20171110005212j:plain

  • 蓮根のたいたん
    • 材料:蓮根
    • 調味:昆布とかつおのだし、日本酒、みりん、鷹の爪
  • 万願寺唐辛子とじゃがいもの七味炒め
    • 材料:万願寺唐辛子、じゃがいも
    • 調味:昆布とかつおのだし、深煎り七味
  • きゃべつと鋤若芽の酢炒め
    • 材料:キャベツ、鋤わかめ
    • 調味:昆布とかつおのだし、赤酢