読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4074

無加塩で作ったごはんのきろくです。

2017年4月27日(木)夕食

f:id:srsrsr:20170427223036j:plain

  • 筍と凍み豆腐のトマト炒め
    • 材料:筍と茄子のトマト炒め、菜花、凍み豆腐、にんにく
  • 菊菜のピーナッツバター和え
    • 材料:菊菜
    • 調味:ピーナッツバター、昆布のだし、豆乳のもと
  • きゅうりとレタスの玉ねぎドレッシングサラダ
    • 材料:きゅうり、レタス、トマト、きぬさや、新玉ねぎ、にんにく
    • 調味:ワインビネガー、パンプキンシードオイル、ベジブロス
  • ほうれん草とじゃがいもの豆乳炒め
    • 材料:ほうれん草、じゃがいも
    • 調味:ベジブロス、黒胡椒、豆乳のもと

f:id:srsrsr:20170427223147j:plain:w400 f:id:srsrsr:20170427223111j:plain:w400

長野から大阪に引っ越すよということが決まった後、直売所や道の駅で美味しい長野の乾物を買いあさっていたのだが、そのときに買った藁で縛られた凍み豆腐。凍み豆腐って書くとなんかロマンがあるけれど、何を隠そう類縁の高野豆腐の甘くたいたやつは結構苦手で、どう使えばいいのかな~と悩みつつ一ヶ月。昨夜作った筍と茄子のトマト炒めの残りが少しあるが汁が多いぞ、というのを眺めながらあまり深く考えず3枚ほど湯で戻して、ザクザクッと切って茹でた菜花とにんにくと、その残りものをいっしょに炒めてみたのだった。ベジブロスとトマトのスープを凍み豆腐が吸って何か知らん美味しい。炒める前にもちょっと味見してみたが、凍み豆腐、味わいはあるけど主張がないという良い食材ですね。じゃがいもの段ボールから発掘された生き残りのにんにくもガツンと効いてウマい。また長野に遊びに行くこともあろうかと思うので、そのときまた買えるという算段で、凍み豆腐積極的に使っていきたいです。いろいろ料理しがいがありそうである。

2017年4月27日(木)おべんとう

f:id:srsrsr:20170427222821j:plain

  • ほうれん草の胡麻和え
    • 材料:ほうれん草、干し人参
    • 調味:胡麻、昆布のだし
  • 筍と茄子のトマト炒め
  • プチトマト

2017年4月27日(木)朝食

f:id:srsrsr:20170427222701j:plain

  • 小松菜と筍のお汁
    • 材料:小松菜、筍ののだし煮
    • 調味:昆布と鮭節のだし
  • 長芋ごはん

2017年4月26日(水)夕食

f:id:srsrsr:20170427013124j:plain

  • 茄子と筍のトマト炒め
    • 材料:なす、たけのこ、舞茸、きぬさや、トマト
    • 調味:ベジブロス、黒胡椒
  • いろいろ野菜のサラダ
    • 材料:レタス、ほうれん草、菊菜、きゅうり、トマト
    • 調味:菜種油、ワインビネガー、黒胡椒
  • じゃがいもとほうれん草のピーナッツバター和え
    • 材料:じゃがいも、ほうれん草
    • 調味:ピーナッツバター、ベジブロス
  • 長芋ごはん
    • 材料:長芋、白米
    • 調味:昆布、日本酒

f:id:srsrsr:20170427013326j:plain:w400 f:id:srsrsr:20170427013215j:plain:w400
f:id:srsrsr:20170427013253j:plain:w400 f:id:srsrsr:20170427013039j:plain:w400

筍の最後は直売所で見切り品になってた完熟トマトでトマト炒めに。甘酸っぱさが意外によくあって、おいしかった。もう少し小さく切ってパスタとか絡めてもうまかろうなァ。筍だ!と思うとだしで煮なけりゃ始まらねえ、て思っちゃうけど、たくさんあるとこういう食べ方も迷いなくできるから良いですね。いただけて良かったです。
長芋ごはんは、むかごごはんのような香りがして、長芋がとろとろで、めちゃウマイ。長芋たくさんあったから、もっとすればよかったなあー。芋系のごはんって足がはやいイメージがあって躊躇してしまっていた。足がはやかろうが美味しいんだから食べる勢いがその足のはやさに勝つわ。間違いないわ。

2017年4月26日(水)おべんとう

f:id:srsrsr:20170426222927j:plain

  • 大和まなの柚子びたし
    • 材料:大和まな
    • 調味:昆布とかつおのだし、柚子の絞り汁、柚子一味
  • じゃがいもと鋤昆布のだし炒め
    • 材料:じゃがいも、鋤昆布
    • 調味:昆布だし
  • 筍の木の芽和え

実家で筍もらったときに、ベランダで育ててる山椒もいっしょにもらってきたのだが、木の芽和えってどうすんだろうと思いながら適当にやってみたらめっちゃ美味しかったので自慢します。いま調べたら、どうやら白味噌とかがベースのようだが、まぁうちそもそも味噌ダメだし。木の芽すりつぶして和えるだけじゃさすがに何か違うよなぁと、とりあえず家にあるナッツペースト類の中でいちばん癖のないカシューナッツペーストと昆布だしで、すりつぶした木の芽をのばし、だし煮にした筍を和えました。だし煮単体だとやっぱり無加塩だと味わい深くはあっても多少物足りなさも感じたのだが、ナッツペーストのコクがもたらす満足度と、山椒の香りとだしがもたらす味わいが凄く美味しい。無加塩木の芽和え、かなりイケるんちゃうか…と昼休み職場の机で震えました。自分で作って自分でこんな舞い上がってたら世話がない。
鋤昆布はなんとなく酢のものや柚子和えにしがちなのですが、だしで炒めたらなんかびっくりするくらいウマイというのは薄々気付いていた。やっぱりウマイ。昆布だししか味付けしてないのになんなんだ。大和まなの柚子びたしも、あの不思議なしょっぱさを持つ菜っ葉を味わうには結構良い手ではないかと思いました。

2017年4月26日(水)朝食

f:id:srsrsr:20170426222511j:plain

  • 大和まなと舞茸のお汁
    • 材料:大和まな、まいたけ、新玉ねぎ
    • 調味:昆布のだし
  • 3分づきごはん

2017年4月25日(火)おべんとう

f:id:srsrsr:20170426003847j:plain

  • 大和まなのおひたし
    • 材料:大和まな
    • 調味:昆布とかつおのだし、かつお節(糸削り)
  • 茄子とじゃがいものお酢炒め
  • 筍のだし煮
    • 材料:たけのこ
    • 調味:昆布とかつおのだし、日本酒

天王寺にできた直売所に売ってた大和まな。しろ菜と白菜と小松菜を足して割ったような見た目で、まぁ味もだいたいその辺に類するんだろうと何も考えずサッと湯がいてみたら、横から手をのばして試食なさった旦那さんが「うわ!しょっぱい!」と声を上げる。ヘッと思いわたしも食べてみたら、ほんとにしょっぱくて驚いた。もちろん茹でるときに塩は入れてない。しかしアイスプラントとかより余程しょっぱい。種族の問題なのか個体の問題なのか解らんが、不思議な野菜だ。独特のうまみがある、と説明文には書かれていたが、このしょっぱいと感じる味がそのうまみなのだろうか。取りあえずベーシックにおひたしにしてみました。
たけのこは前夜煮たやつ。煮物は作るのたのしい。手数はたいしたことないけど、だしや酒のにおいやぐつぐついう音や鍋を見るという行為やそういった諸々あわせて豊かな気持ちになれる。たけのこはまた良い香りでたのしいです。春はいいものだ。