4074

無加塩で作ったごはんのきろくです。

2017年10月16日(月)夕ごはん

f:id:srsrsr:20171019220428j:plain

  • 細切り蒸し野菜のあんかけ
    • 材料:青パパイヤ、人参、玉ねぎ、じゃがいも、原木椎茸、さつまいも、銀杏、卵
    • 調味:昆布とかつおのだし、割り干し大根の戻し汁、日本酒、片栗粉
  • 菊菜と割り干し大根のすだち風味
    • 材料:菊菜、割り干し大根
    • 調味:昆布とかつおのだし、すだち
  • レタスのコールスローもどき
  • 落花生ごはん
    • 材料:生落花生、7分づき米

天満市場に青パパイヤ売ってたので、一度食べてみたいと買ったのだが、イマイチ美味しい食べ方が解らないまま時が過ぎている。生食もできるという話だが如何せん固いので、今回はしっかりめに火を通し、その他細切り野菜といっしょにとろみをつけただしで。
多分この日のエントリで卵がblog初登場なのだが、まじで結婚してから初めて卵を調理しました。たくさん頂いたのだった。仕方ない!!頂いたのだから食べなきゃね!!!週末実家帰ったらコンビニでゆで卵買って食べてる(時々)くらいには卵好きなので、こんなたくさん卵どうしよう~とか言いながら口元は緩みまくっています。頂いたその日に黒胡椒だけで目玉焼きしたのだが、染みたわ。美味しいわ卵。ということで何となく薄焼き卵を焼いてみたのだがノープランだったので取りあえず半分に切って器に敷いてみました。だしとからめて食べたらおいしい。うれしい。
コールスローもどきは、特に何も言ってないのに旦那さんが「白いとマヨネーズかと思って食べてしまう…」と呟いていたので、モドキとしては成功だったと思います。カシューナッツペーストを伸ばして落花生砕いて混ぜただけだ。いまいち何かが足りない感があるのだが、足したら美味しかろうと思い浮かぶものがだいたい加塩されてるものなのでウーンとなる。カシューナッツペーストにしてもヘーゼルナッツペーストにしても、よりよい使い方を模索中です。結局ピーナッツバターが一番使いやすい。レタス、そのままだとボリューム出過ぎるので、半量だけサッと湯通ししてかさを減らした。微妙に見えない手間がかかっているわたしの料理ですが、大半あんまり意味がないのでアピールできません。

f:id:srsrsr:20171019220334j:plain:w400 f:id:srsrsr:20171019220402j:plain:w400

2017年10月16日(月)おべんとう

f:id:srsrsr:20171019220121j:plain

2017年10月16日(月)朝ごはん

f:id:srsrsr:20171019215957j:plain

  • 菜種菜となめこのかき玉汁
  • 落花生ごはん
    • 材料:生落花生、7分づき米

2017年10月4日(水)夕ごはん

f:id:srsrsr:20171004234632j:plain

  • 舞茸とキャベツの豆乳スープ
    • 材料:舞茸、キャベツ、じゃがいも、ブロッコリー、スピリットピーズ、レンズ豆、押し麦
    • 調味:ベジブロス、豆乳のもと、黒胡椒、
  • キュウリとトマトのハラペーニョサラダ
  • 獅子唐の焼き浸し
    • 材料:獅子唐
    • 調味:昆布とかつおのだし、日本酒、かつお節、深煎り七味
  • 夏の終わりのトマト炒め
    • 材料:茄子、ピーマン、トマト、ゴボウ、舞茸、福耳唐辛子、押し麦
    • 調味:ベジブロス、黒胡椒、白ワイン、干し椎茸の戻し汁
  • 栗の甘露煮
    • 材料:栗
    • 調味:水飴
  • 栗ごはん
    • 材料:栗
    • 調味:日本酒、昆布

f:id:srsrsr:20171004235018j:plain:w400 f:id:srsrsr:20171004235150j:plain:w400
f:id:srsrsr:20171004235311j:plain:w400 f:id:srsrsr:20171004235424j:plain:w400

舞茸は原木。あまり状態が良くなかったのと少し苦みがあるため、色んな方法でそれを誤魔化そうとしながら使ってるのだが、今回は豆乳で。玉ねぎも入れようかと思ったが皮を剥くのが面倒で省略。入れた方がおいしかったであろうことは想像に難くない。まぁいいや。また引っ越しを控えているため冷凍庫の中身整理フェアということで冷凍してたブロッコリーを久々に放出。あとは何か、豆乳スープと一緒にぷちぷちしたモノを食べたい、と思って乾物の豆類と麦を別鍋で茹でて最後にあわせた。1種類ずつ茹でたから結構面倒だったが火が通り過ぎず良い食感。あとやっぱり少し入れたくらいじゃ存在感ないので、このくらい思いきって入れた方が良いということが解った。大体各(乾いてる状態で)大さじ1.5~2くらいは入れた。
サラダのハラペーニョビネガーも結構思いきって量入れたのでピリ辛酸っぱくてウマイ。やっぱりわたしに必要なのは思い切りである。
茄子とピーマンのトマト炒めは、母にトマトと茄子をたくさん送って貰ったので。こちらも思いきってちょっと割れてたトマト2玉投入。火の入ったトマトの酸味好きだ。汁に入れるとカラメルじみた甘みを感じるのに炒めたらそうでもないのが不思議。個体差かなあ。もうすっかり肌寒く秋の風情が全開ですが、過ぎた夏を惜しむ炒めものでありました。
栗の甘露煮は、使われる見込み無く台所の片隅で静かにうずくまっていた水飴を、使ってやってくれと言う旦那さんたってのお願いがあり、水飴オンリーで製作。砂糖より甘みが少ないので加減が難しく、非常に甘さが控えめな甘露煮になりました。素材の味と言っておこう。美味しいです。クチナシとか当然ないのでそのまんま。割と黄色くなるものですね。栗ごはんも美味しかった。ごはんを炊くとき余った日本酒(飲用のやつだが変に発酵して味が微妙)を入れて炊くと、炊きたてのときはちょっと酒の香りが立ちすぎる感があるのだが、冷めたあと妙にウマイ。栗の皮剥き大変だったが(わたしも旦那さんも負傷)、それに充分報いる美味しい栗でした。

2017年10月4日(水)おべんとう

f:id:srsrsr:20171004234508j:plain

  • 茄子のたいたん
    • 材料:茄子、干し椎茸、生姜
    • 調味:昆布とかつおのだし、干し椎茸の戻し汁、鷹の爪、日本酒
  • 舞茸とじゃがいもの葱炒め
    • 材料:舞茸、じゃがいも、玉ねぎ、長葱
    • 調味:ベジブロス、黒胡椒
  • 獅子唐とミョウガの炒めもの
    • 材料:ししとう、みょうが
    • 調味:昆布とかつおのだし

2017年10月4日(水)朝ごはん

f:id:srsrsr:20171004234326j:plain

  • 茄子と舞茸のお汁
    • 材料:茄子、舞茸、長葱、玉ねぎ、ささげ
    • 調味:昆布とかつおのだし
  • 栗ごはん
    • 材料:白米、栗、日本酒、昆布

f:id:srsrsr:20171004234246j:plain

2017年10月3日(火)夕ごはん

f:id:srsrsr:20171005212144j:plain

  • 葱と舞茸のスープ
    • 材料:原木舞茸、白葱、玉ねぎ、じゃがいも(大白、シャドークイーン
    • 調味:ベジブロス、黒胡椒
  • 茄子のたいたん
    • 材料:茄子、干し椎茸、生姜
    • 調味:昆布とかつおのだし、干し椎茸の戻し汁、日本酒、鷹の爪
  • トマトと獅子唐のガラムマサラ炒め
    • 材料:トマト、プチトマト、ししとう、玉ねぎ、舞茸、福耳唐辛子
    • 調味:ベジブロス、ガラムマサラ、黒胡椒
  • 7分付きごはん

f:id:srsrsr:20171005212108j:plain:w400 f:id:srsrsr:20171005212223j:plain:w400

原木舞茸、1kg買ったは良いが鮮度が良くないのと少し苦みが気になるので、葱類/トマトとスパイスで何とか誤魔化しながらたくさん食べよう、というコンセプトのメニューです。長葱は、土がついた良い感じのやつをどこぞの道の駅で買ったのだが、美味しい葱だった。スープに入れるにしても、少し炒めて焦げ目を付けるのが好きです。じゃがいもは2種類蒸して最後に合流。スープには敢えて唐辛子類は入れずに優しい味わいに。ガラムマサラ炒めはガラムマサラと福耳でスパイシーに。ビールがうまい。ほんとは、青いトマトを旦那さんに収穫してもらったので、青トマトと玉ねぎでガラムマサラ焼きを作ろうとおもっていたのだが、なんやかんやで手がつけられないまま日が過ぎ、青かったトマトが台所の片隅で(冷蔵庫にすら入れてもらえていなかった)色づいてゆき、ああ機を逃した…と思っているところに、トマト類がわんさか届き、これ幸いと割れていたプチトマトと一緒に炒めたのだった。
茄子のたいたんも、買った茄子を惜しみながら使っていたところ、茄子がモリッと届いたので、ヤッター!と心置きなくだし煮に。茄子のたいたん作るのの何が楽しいって隠し包丁入れる過程ですよね。しかし先日緑茄子で隠し包丁したところ、紫の茄子と違い切ったところがハッキリ茶色い筋として現れるため、幅のそろってなさが白日の下にさらされ、まな板の前でひとり、ああ恥ずかしい~!てなった。