読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4074

無加塩で作ったごはんのきろくです。

2017年1月17日(火)夕食

f:id:srsrsr:20170117210816j:plain

  • 大豆とコンニャクの煮物
    • 材料:大豆、こんにゃく、しめじ、早煮え昆布
    • 調味:昆布とかつおのだし、鷹の爪
  • キャベツとエノキの胡麻油和え
    • 材料:きゃべつ、エノキダケ、細切り昆布、酢タマネギ(玉ねぎ、雑賀醸造酢)
    • 調味:ごま油
  • 根菜の白ワイン蒸し
    • 材料:じゃがいも、キクイモ、ゴボウ
    • 調味:白ワイン
  • ハタハタとイワシのオイル漬け
    • 富山・つりやのこれとこれ
  • もち麦入りごはん

f:id:srsrsr:20170117210113j:plain:w400f:id:srsrsr:20170117210300j:plain:w400
f:id:srsrsr:20170117210352j:plain:w400f:id:srsrsr:20170117210443j:plain:w400

酢タマネギはいつも千鳥酢で作るんだけど、試しに雑賀醸造酢で仕込んでみた。割と尖った印象のあるお酢だからか、千鳥酢で作るより何かスッとした味わいであるような気がしないでもない。千鳥酢たまねぎの方が味があって美味しいけど。一度ワインビネガーで作ってみたことあったが、あれはイマイチだったなァ。だいたいいつも大きめの玉ねぎでいうと1/4玉くらいを作って2~3回に分けて使います。週の頭に作っておくと1週間なんとなく安心。これ以上多く作ると週末までにちゃんと使い切らねばという焦燥感に疲れるので、ちょっと少ないなというくらいで丁度良いということを最近学びました。
オイル漬けは富山の。おいしかった。蒸し野菜は、オイルと一緒にじゃがいも食べたら美味かろうな、という思いから。つりや、というお店、保存食をうたいながら添加物使ってないから賞味期限は早いので注意が必要ですがウマイ。なによりわたしは、パッケージをはじめブランドデザインがシュッとしてて(大阪弁でいうところの最上級褒め言葉)美しいのがとても気に入っている。デザイン同様味付けもシンプルでおいしゅうございます。ハタハタってわたしの好きな白身魚トップ5には絶対入る。という話から好きな白身魚トップ5を話し合っていたのですが、わたしは、鯛、穴子、ハタハタ、鯖、ほっけorヒラメ、という感じでした。