読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

4074

無加塩で作ったごはんのきろくです。

2016年9月7日(水)昼食

f:id:srsrsr:20160908114201j:plain

  • ベジブロスの豆乳スープ(エリンギ、ささげ、ジャガイモ、玉ねぎ、にんじん、にんにく/ベジブロス、豆乳、黒胡椒)
  • 茄子のたいたん(茄子、福耳唐辛子、生姜/昆布とかつおのだし、菜種油)
  • 古代米入りごはん
  • 豆乳とりんごのパンプティング(バゲット、豆乳、カシューナッツペースト、りんご、はちみつ、砂糖)
  • プルーン

f:id:srsrsr:20160908114259j:plain
f:id:srsrsr:20160908114351j:plain
豆乳を近くの豆腐屋さんから200mlくらい買っているのだが、スープに使う・飲む・ピーナッツバター和えののばし材に使う、くらいしか思い浮かばなくて考えていたところ、週末に買ったバゲットが余っていたので、パンプティングにしてみようと思い立ったのだった。結構それらしいものができてビックリ。嬉しかったので簡単にレシピ的なものを記録しておきます。

  1. フライパンでリンゴのスライス焼く
  2. 豆乳にカシューナッツペーストと蜂蜜を溶かす
  3. (2)にさいの目にしたバゲット浸して、それを液ごとフライパンのリンゴの上に乗せて焼く
  4. 適宜ひっくり返して良い具合に焼けたら完成

我ながら書くほどのものじゃなかった!うちにはオーブンないからフライパンでしたけど、オーブンあるならオーブンの方がきれいにできると思う。卵焼き用の四角いフライパンで、卵焼き焼く要領で必死にひっくり返したわ…。焦げ目がちゃんと付かなくて見た目に微妙だったので、最後に砂糖少しまぶして焦げ目つけた。無加塩で、且つ砂糖もなるだけ使わない、というルールなので、よく考えたら砂糖初めて使ったかも。卵入れてないけどプティング様に固まったのは、りんごのペクチンのお陰だろうか。パンの素材によっては、卵も乳製品も使わずにプティング的なものが作れるので、食物アレルギー児がいるご家庭とかにも良いのではと思った。
カシューナッツペーストは、ドイツの意識高い感じの食料品店で買ったのだが、濃厚でうまい。カシューナッツ100%だけあって、ひたすらカシューナッツ味でナッツ好きとしては舐めるだけで多幸感。でも多分豆乳だけでもそれなりに美味しいとは思う。無加糖ピーナッツバターが一般的になった暁には、カシューナッツとヘーゼルナッツも是非そこら中で売ってるようになってほしい。
f:id:srsrsr:20160908114110j:plain